FC2ブログ

絶賛進行中です (>_<)


おはようございます!ひろです!



ある日のこと
ちょんたろうを副園長に預け、園長のお買い物に付き合いました


買い物を終えて、荷物と園長を保育園家に降ろし
ちょんたろうを受け取って自宅に戻ると


すぐに園長から電話がかかってきました






2017122002.jpg






「あんた!」
彼女はたいていこの言葉から始めます(笑)


「お父さんが(副園長のことです)ちょこに(ちょんたろうのことです)
お肉を食べさせちゃったかも知れないよ!」と


話を聞くと、
冷蔵庫に入れてあったはずの昨夜のおかずの残り
生姜焼き2枚が無くなっていると


昔から園長の料理はワイルドで、
一口大に切るなんて小細工は一切いたしません(笑)

生姜焼き2枚と言ったら、あの大きさのままの2枚です



それをちょんたろうに食べさせた???





「お父さんに聞いても、知らないって言うのよ!」






2017122001.jpg


ちょんたろうの口をクンクンしてみましたら・・・
なんとも食欲をそそる!いい匂いがしていました(>_<)






う~~~~ん・・・・


そうなんです
この事件の鍵は、この「知らない」って言葉なんです



実は副園長、絶賛進行中の認知症です

ちょんたろうが可愛くて可愛くて、食べさせてしまいますが


いくら言って聞かせても忘れちゃうし
自分がやったことも(ヤバいことは特に)忘れちゃう







さて!なんとかしなければなりませんね














 皆様にたくさんの幸せが訪れますように

   ポチっ↓↓と応援お願いします!



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
   にほんブログ村

コメント

No title

そうですか~ ちょっちゃんが可愛くて可愛くてたまらないのですよね でも……難しいですよね
副園長のプライドも傷つけてはいけないし…… でも食べさせちゃいけないしものは食べさせないで欲しいし……
我が家も父が自分の言った事を本人が覚えていないのは困りました それ以上に私達が言ってないのに「言った!」の一点張りで怒りまくるのにも困りましたが……

2017/12/20 (Wed) 09:42 | チー #- | URL | 編集
No title

生姜焼き2枚!それは大事件です!!
ちょっちゃんの30%オフもこれが原因なんですね。
困りましたね~
かわいがってくれるのは嬉しいけど、ちょっちゃんの健康考えると
かなりマズイことですし。

おすましの口元からいい匂いには笑えました。
私も経験がありますよ。
薄暗い部屋に散らばった銀紙と、向こう向きに座ってる我が愛犬。
あ!これは!チョコレートの包み紙じゃないの!!と騒ぐ私をひたすらガン無視。
グイっとこっちを向かせて口元の匂いを嗅ぐと、何とも言えない甘いいい香り。
本人やっちゃいけないことしたってわかってるんですよね、こういう時って。
懐かしいことを思い出してしまいました。

2017/12/20 (Wed) 21:13 | つばめ丸 #- | URL | 編集
チーさんへ

こんばんは!

職業柄、毎日、困った高齢者に携わっていますが、
身内となるとまた別物ですね

副園長には、可愛いちょんたろうがいつでも腹ペコに見えるらしく、可哀想であげてしまうようです(笑)

困りますねぇ



ここだけの話、私の関わっている高齢者達の中で
幸せな老後だなーって思える方は1割未満です

頑張ってきた人生の終わりに、ナゼ、こんな試練を与えるのか
本人にも家族にも

謎ですよね(>_<)


2017/12/21 (Thu) 21:35 | ひろ #- | URL | 編集
つばめ丸さんへ

こんばんは!

つばめ丸さんの経験談!
まさにそれが私のもうひとつの心配ごとでした

今回の生姜焼き事件
その量ももちろんですが、濃い味付け!
塩分と油分・・・(>_<)

発覚していないだけで、今までも色んな危険な物を食べさせていたのでは???

聞けば、そんなことしてないよ!って言います
その場、その瞬間は理解してくれます
その後がねぇ(>_<)

とは言え、病気がさせること
誰も悪くないんです
(だから余計に厄介ってことも(笑))

無い頭でいろいろ対策を練っています!

2017/12/21 (Thu) 21:44 | ひろ #- | URL | 編集
こんばんは

うちの母も「あげる」派です。
さくらは貰える方をちゃんと知ってるので、母に行かないように十分な量のご飯をあげておくのですが、習慣…そう習慣で食べたあと私と母の間を2往復します。母の所には長居します(苦笑)
無視しようが「おしまい」「もうご馳走さま」と何度言っても離れないからあげてしまいます。
さくらからすれば、どこが本当の最後なのかわからないので、いつまでも鎮座してるんです。
時には狂暴にもなります( -。-) =3
その間私は母にあげるな、あげるなを連発するので、度々険悪な食事風景ともなります(^-^ゞ

お父様のことは病気ですからどうしようもない、とは言えちょっちゃんの体も気になりますよね。
また、ちょっちゃんが毎日行くことで、進行が遅いこともあるでしょうし…
仰るように、人生の最後にこんな試練は与えてほしくないですよね

2017/12/26 (Tue) 00:02 | jimmy #- | URL | 編集
jimmyさんへ

こんにちは!

ちょんたろうが二人に与えている影響は多大なものだと思っています

副園長は72歳まで働かされていましたが(笑)
それから8年が経ちます
その間、もしちょんたろうがいなかったら
今の状態よりももっと酷いことになっていたと思います

園長もです
副園長との二人だけの暮らしだったら・・・
考えただけでゾッとします(笑)

しばらくは半日保育で様子をみますね
ご心配ありがとうございます(*^^*)


2017/12/26 (Tue) 14:11 | ひろ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する